ダイレクトメールの印刷コストを下げるには

ダイレクトメールの印刷コストは様々な視点で考える必要があります。特に部数やサイズ、その完成物を封入するための袋まで含めた、総合的なコストで考えなくてはいけません。さらに発送する先の発送業者の選定も必要です。発送業者によっては、サイズごとに一円単位などで異なります。このため、その発送業者と連携がとりやすいところを選ぶことも、結果的にコストダウンに繋がるのです。こうした様々な視点からよく考慮して対応に当たる慎重さが求められます。なお、あるコストは安価だけれども他のコストが思った以上に高く付くというケースも考えられるため、総合的な判断が極めて重要となり得ます。さらに発送する際の手間特にトラックへの搬入などについても考えなければいけません。

コストダウンを考える上で必要なこと

ダイレクトメールは通常の場合、大量に発送を行います。少数では効果が得られません。このとき、印刷する部数それ自体をよく考えなければならず、またその部数や色、仕上がりまでの時間と一部当たりのコストが安価なところを選ぶことが非常に大切です。業者によってはサイズが大きすぎるものは対応をしてもらえない可能性が高まります。したがって、依頼をするときには今までに取り扱ったことがあるかどうか、さらに大型のサイズの場合は、対応可能な輪転機を有するかどうかなどで考えていきます。このように総合的に考えていくことが必須で、特定の事柄だけを持って業者の選定をするのは危険です。返って手間やコストがかかるばかりか、時間をロスすることにもなりかねませんので、慎重な対応と検討が大事になります。

印刷から発送準備までを一貫して行えるかどうかも大事

ダイレクトメールは印刷すればそれで終わりというわけではありません。むしろ、発送までを行うことまでが重要です。相手に届かなければ準備自体が無駄になります。このとき、発送委託業者によっては、取り扱いが微妙に違う場合があり、値引きなどの交渉などにも影響を与えます。したがって、依頼から発送までを一貫して行える業者かつ発送にかかる費用も抑えられる業者の選定が重要となるものです。ダイレクトメールは、一部当たりにかかるコストも相応に高めですから、ミスは許されません。一部の失敗であってもそれが全体に及ぼすコストは高額になりがちだからです。最初から最後までを一貫して対応出来るところを選ぶことで、安心して任せられますし、途中で別の業者が入らない分だけコストを抑えられます。