ダイレクトメールの印刷の最新情報

ダイレクトメールは、自社の製品を宣伝したり集客力を上げるために顧客に送る郵便物を表します。ダイレクトメールというと、封書をイメージする方も多いかもしれません。確かに封書であれば、多くの情報を盛り込むことが可能です。しかし、開封の手間が必要なため、顧客にとっては興味の無いところから送られたものであれば、開封されること無しに捨てられてしまう確率が高くなります。その点、ポストカードタイプであれば、開封する手間がありませんので、目に留まる可能性は高まります。載せられる情報は少なくなってしまいますが、まず目に留まることが第一段階として大事なので、自社の製品をアピールしたいという場合は、ポストカードタイプでの送付を見当してみることがおすすめです。

ポストカードタイプの印刷のポイント

ダイレクトメールは1度送れば終了というものではなく、定期的に送ることが多いですが、毎回同じようなデザインでは、受け取った側が飽きてしまい、よく見ない、という事態が発生することがあります。毎回デザインを変えるのは大変かもしれませんが、魅力的なデザインにして印象づけることは大切です。例えば、きれいなデザインのものは捨てずに取っておいて飾る、という人もいます。そこにさりげなく、企業の名前などが入っていれば、それを見るたびに顧客に企業のイメージを印象づけることができます。こうした努力が、ゆくゆくは売上に貢献することとなります。そのため、印刷をする時にも、ただなんとなく行うのではなく、デザイン性や紙の選び方などにもこだわってみると違いが出てくるでしょう。

ここだけは押さえておきたい注意点

ダイレクトメールの印刷は、専門業者に頼んだ方がコストを抑えることができます。自社に印刷部門があるなら別ですが、そうでないのなら、意外とコストがかかってしまいます。業者によっては、100枚という少数のロットから対応しているところもありますし、1枚当たりの追加が可能なところもあります。ある程度のまとまった枚数を出すのであれば、専門の業者に頼むのがおすすめです。顧客に送付する際には、根気よく送り続けましょう。送ってすぐに反応が無いからといって、早々に送付を打ち切ってしまうのは良くありません。顧客側は大量の郵便物に紛れて届いたことに気付いていない場合もあります。後から気付いて契約に至るという場合もありますので、送った当初は反応が無いのも当然という考えの下、送り続けてみましょう。

紙×デジタルの融合で高レスポンスに期待が持てるDMA。様々な角度からの施策で販促効果UP! 印刷物の品質を左右する環境の変化に常に敏感です。 クライアントやユーザーに合わせたツールのご提案もお任せ下さい。豊富なSPツールをご用意しております! 圧着DMは小松総合印刷にお任せください! 印刷物と連携したマーケティングオートメーションサービスをシステム導入不要でご提供! 人気のダイレクトメールを小松総合印刷で送るなら